ルーターの設定は大事|セキュリティ向上で企業の質をアップ|ISO22000の徹底

セキュリティ向上で企業の質をアップ|ISO22000の徹底

ルーターの設定は大事

システム

会社でインターネットを利用する上で最も怖いのが、ハッキングによる不正アクセスです。不正アクセスによって会社に保管してある個人情報が流出してしまうと、大きな損失が発生してしまうため企業側としてはセキュリティは厳重にしておかなければなりません。特に無線LANを使用している場合はセキュリティに関して注意しなければなりません。そんな不正アクセスを防ぐために重要なのは、ルーターの設定です。
ルーターとは、簡単に説明すれば、複数のパソコンをネットに繋ぐための通信機です。外部からのネット回線がルーターを経由して他のパソコンにつながり、他のパソコンでもインターネットが活用できるようになります。つまり、中継地点でもあります。そのため、このルーターの設定に注意すれば、悪意あるアクセスは防ぐことができます。よって、会社に不正アクセスをされないように設定の見直しを行っておきましょう。
基本的には、セキュリティ機能がついてあるものを購入すればそれで問題はありません。あとは説明書通りにセキュリティに注意すればそれで大丈夫です。そうすれば、設定によって不正なアクセスそのものを防ぐことができます。また、無線LANを用いている場合は、暗号化の機能を使用しましょう。これはデータ内容を暗号に変えることによって外部からの不正アクセスでデータを傍受しようとしても解読が極めて困難になるため、よほどのことがない限り解読される心配はありません。